ADL(日常生活活動)に関する情報&新聞記事    
               TO HOME

このコーナーでは、日常生活活動(ADL)において有効的な情報やサービスなどの情報掲載しています。
日常の生活の中で、こういった福祉機器やサービスを利用して少しでも自力でできるようになると、生活にハリと潤いが生まれてくるかもしれません。

雨天外出日の雨具情報 
車椅子選び 高さや幅 体に合う座面に 
福祉車両乗降スムーズ 車いす使用者の外出 
つり上げリフトの活用を 家族の負担を減し、生活の質を上げる 
車いすも安心の軽  進化する福祉車両 
福祉用具使い自立生活 種類、機能とも豊富  
慣れた家で「訪問リハビリ」 訪問リハビリについての解説。
ハンドル形電動車いす 通行場所に注意。
介護保険における住宅改修
自動車取得税・自動車税の減免制度
 
電動車いすの事故多発 消費者庁が具体的な予防策。電動車椅子の操作、走行時の注意点についても解説。


雨天外出時の雨具情報                             2019年5月6日
身体に障害がある人たちにとって雨天時の外出は億劫になりがちです。特に車椅子使用者にとって雨具の選択も悩むところです。そこで、私たち「車いす散歩の会」のメンバーが各自の残存機能で使用できる介護用品としての雨具を紹介します。
1:上肢が使える人の場合 電動車いすwhill(ウィル)
 モデル:脊髄小脳変性症者
 ●この当事者は両手が使えるので雨天は傘を差している
 ●強めの雨の時は膝にビニールを掛けるといった対策を講じている
     
 ※ Whillの電動車椅子には傘や杖用のホルダーが標準装備されている

2:片麻痺者の場合 電動車いすwhill(ウィル)
モデル:脳出血による片麻痺者
    

     



   このポンチョは登山用品店で購入したもの。
   その人の残存機能に応じて、介護用品にこだわらず
   金額も考慮した品選びをお勧めします。

   ←写真は、百均で見つけた靴の上から履ける
   ビニール製のものでファスナーが付いています。





3:四肢不全麻痺者の場合
 電動車椅子トルクSP
 モデル:頸椎損傷による四肢不全麻痺者
    
  
これらの情報を参考に、それぞれの残存機能に合わせた雨具を工夫しみてください。
雨対策がしっかりできていると、雨の日の外出も苦にならないどころか、いつもと違う雨の日ならではの楽しさが味わえるかもしれません。
※参考資料 メーカー品カタログ
東日本総代理店 有限会社 コス・インターナショナル
 東京都港区芝3-24-1 駿河ビル1階 TEL 03-5443-5890
※近隣の介護用品取り扱い業者に問い合わせを。 (介護保険適応者はケアマネージャーに相談)
 雨具のカタログ.pdf へのリンク

 車いす選び                         2015年5月01日 読売新聞



                 2014年8月29日 読売新聞

 車いすを使っている高齢者と一緒にマイカーで外出する機会が多いなら、乗り降りしやすい福祉車両を検討してはどうだろう。購入の際は、安全に乗降できるか、介助者がスムーズに操作できるかなどを確認することが重要だ。
 埼玉県所沢市の男性(67)は、手足にまひがあり、外出に車いすを使う。2年前、後部からスロープで車いすごと乗車できるワンボックスカーを購入した。家族は「これまでは、車に乗る際に私たちが体を支えるなどして介助していたが、その労力が減った。一緒に外食に出かける機会が増えました」と喜ぶ。
 福祉車両は、車いすの利用者が乗り降りしやすいように、通常の乗用車の一部を改造した車だ。自動車メーカー各社が取り扱っている。
 国立リハビリテーションセンター副理学療法士長の岩崎洋さんによると、車いす仕様車と乗降補助装置付車の2種類に大別される。
 車いす仕様車は、後部から車いすのままスロープやリフトで乗降でき、車いすから自動車に乗り移るのを介助したり、車いすを車内などに収納したりする手間が省ける。走行中は車いすをフックで固定するが、車の座席よりも揺れが伝わり、体に負担が大きい。長時間の移動には向かない。
 乗降補助装置付車は、助手席や後部座席が回転したり、回転して車外にせり出して昇降したりする。車の座席に座るので快適で安全性も高い。ただ、座席の耐荷重は100`以下で、頭上や足元の空間は狭い。体重の重い人、首やひざなどの関節が曲がらない人は使えない。
 それぞれ一長一短があるので、「高齢者の体の状態や介助者の使い勝手などを考え、実際に乗り降りを試したうえで選んでほしい。かかりつけの医療機関があれば、理学療法士や作業療法士に相談を」と岩崎さんは助言する。操作の確認には、福祉車両を用意したショールームなどに出向く。トヨタ自動車の福祉車両の乗降や操作を試せるショールーム「トヨタハートフルプラザ神戸」(神戸市中央区)の店長、大国雅弘さんは「普段使っている車椅子やつえなどを持って高齢者と一緒に来てください」と話す。中、小型車の車いす仕様車の中には、開口部が狭いものもあり、車いすの大きさや乗せる人の体格によさては、その人を乗せられないことがあるので注意したい。車いすにフックがきちんとかけられるかなども確認する。
 乗降補助装置付車も体格によって、乗降時に車体に体がぶつからないよう、膝を曲げたり身をかがめてたりしなくてはならない場合がある。無理な動作をせずに乗り降りできるかをチェックする。
 大国さんは「安全で快適に移動するために、納得いくまで装備を確認してほしい。要望に応じ、足置きなどのオプションを取り付けることもできます」と話す。
 福祉車両は通常、同型の一般車より10万〜150万ほど割高だ。一方、大半の車が消費税は免除される。自動車税、自動車取得税などは自治体によって異なるので、都道府県税事務所などに問い合わせるとよい。

         2014年3月14日 読売新聞
 ベッドから車いすに自力で移れないお年寄りの介助は、家族の負担も大きい。シートなどに乗せてつり上げる介護用リフトを上手に活用したい。
   
 大阪府守口市の男性(74)は、2年半前に脳梗塞を発症。左半身にまひが残り、現在要介護5。一人で立ち上がれなくなった男性をベッドから車いすに移すのは大変で、介助していた妻(66)が支えきれず転倒しそうになったこともあるという。
 このため、ベッド横に設置したのが介護用リフト。電動式で、妻や長女(44) がリモコンを操作して車いすへの移乗を助けている。「最初は操作が不安でしたが、慣れれば簡単でした」と妻。日中、男性は家族と食卓を囲んだり、居間でテレビを見たりしている。 介護用リフトには様々な種類がある。公益財団法人テクノエイド協会によると、シートなど「つり具」と呼ばれる部分に乗せて、つり下げるタイプのリフトには@キャスター付きでリフトごと移動できる「床走行式」Aベッドサイドなど、場所を決めて設置する「固定式」B部屋にアーチ型のやぐらなどを組んでその範囲内で使う「据え置き式」などがある。これらのリフトは、要介護2以上なら原則、介護保険を使って1割負担でレンタルできる。ただし「つり具」の部分だけは、1割負担で購入する。
 介護福祉事業者でつくる関西シルバーサービス協会(大阪市)理事長の記虎孝年さんは、「どんなリフトが適しているかは、使う場所や、高齢者の体の状態などによって決まる」と話す。例えばベッドと車いすの乗り移りだけなら固定式でよいし、床が平らでスペースが広いなら床走行式も使える。また、「つり具」の形状はいろいろあり、首が安定しない人には頭まで支えるタイプを選ぶ。
 リフトの使用を考えているなら、まずケアマネージャーに相談し、かかりつけの医療機関の理学療法師や作業療法士に助言してもらうといい。記虎さんは、「レンタル契約をする前に無料で貸出してくれる事業者もあるので、実際に試してみて」と話す。
 大阪府立大学教授(看護技術学)の杉本吉恵さんは「手順を守って正しく使おう」とアドバイスする。高齢者が不安にならないよう、「今からリフトに乗るよ」などと声をかける。操作手順を見えるところに書いて張り、毎回見ながら使えば事故防止になる。
「リフトを活用すれば行動範囲が広がり、お年寄りの生活の質も高められる。一方、介助する家族の腰痛予防にもなる。在宅看護を長く続けるためにも、上手に利用して欲しい」と話している。

                         2014年2月17日 読売新聞

高齢や事故で体が不自由になっても、マイカーで家族と出かけ、自由に旅行もしたいー。そんな車椅子利用者と家族に向け、各自動車メーカーは、低価格な軽自動車の福祉車両を売り出している。


■介助しやすく
 助手席側の前後のドアを開けると、入り口が大きく広がる。前後を分ける仕切りがないからだ。電動で回転して外にせり出す助手席は、広い入り口の真ん中の位置から乗り降りできる。車いすを近づけて乗り移ることができ、介助もしやすいようスペースを確保する工夫だ。
 こうした利点を備えて昨年末に発売された新型の軽自動車「タント」(ダイハツ工業)を見ようと、都内の自動車ディーラーを訪れた男性(72)は、「介護を受ける側もする側も便利なように、福祉車両は進化しているね」と感心する。
 新型のタントには、車いすごと乗り込むスロープ付きのタイプと、助手席が回転するタイプがあり、どちらも価格は以前のモデルより十数万円安い。回転シートのタイプは156万円(税抜き)から。「軽自動車なら、介護、医療費がかかる家庭でも購入しやすい」と男性。





■消費税非課税も
 高齢者、障害者の移動を楽にする福祉車両は大型で高価なイメージがあるが、最近は各メーカーが低価格の軽自動車をラインアップに加えている。中でも回転シートのタイプは乗り心地がいいと、一般家庭の人気が高い。三菱自動車が発売する「eKワゴン」は、助手席の操作が手動と電動の2タイプ。ホンダの「N-WGN」は室内の広さが売り。日産自動車は、「デイズ」に税抜き110万円の低価格グレードを用意した。スズキの「ワゴンR」は低燃費化技術が自慢で、スバルの「ステラ」は10色から選べる。
軽自動車ではないが、トヨタ自動車も、価格を抑えた回転シートの「ラクティス」(165万〜212万円、税抜)を販売する。税制上の優遇もある。車いすを収納、固定できる福祉車両なら、購入する際に車両本体にかかる消費税が非課税となり、消費税率引き上げの影響も受けない。

 購入しやすくなった福祉車両だが、それでも高額な買い物であることには変わりない。ちょっと
 手が出せない・・・、という人向けにレンタルサービスも登場している。全国に1200店舗を展開
 するトヨタレンタリースは、ほぼ全店で福祉車両を用意。電話かインターネットで予約できる。
 料金は、基本的に同クラスの通常の車と同じだが、身体障害者手帳、療育手帳を持つ人は10%引
   きになる。運転手付きで福祉車両を利用できるのは介護タクシーだ。全国介護タクシー協会には
   約1000社が加盟し、車いすで利用できるボックスカーを備えている。予約制で、利用料は地域
   ごとに決められ、通常のタクシー料金の2割増し程度なのが一般的。運転手による介助が必要な
     場合は、別途料金が発生する。

                    2014年1月26日 読売新聞

 高齢で介護や生活支援が必要になった時、様々な福祉用具を活用すれば自立した生活を維持しやすい。介護保険が適用され、低負担で使える用具も種類が豊富になっており、目的に合うものを上手に選びたい。

 東京都板橋区で一人で暮らす女性(84)は、ベッド脇に置くタイプの手すりをレンタルで使っている。骨粗しょう症を患い、1年前には布団を持ち上げた際、胸椎を圧迫骨折した。そのため、ケアマネージャーの榊啓子さん(63)は、手すりの活用を提案した。それまではベッドのマットレスをつかみ、手に力を入れて起き上がっていたが、手すりで体を支え楽に起き上がれるようになった。手すりを壁に取り付けることも考えたが、女性の寝室には設置可能な壁がなかった。居間などは家具を支えに歩けるため、寝室に手すりを置いたことで家の中の移動は自由になった。半年前には、車輪付きの歩行器も借りた。歩行時にふらつくため食材は宅配で購入していたが、歩行器を押して歩くことでスーパーまで行けるようになった。「自分で品物を選ぶのが楽しい」と女性。榊さんは「運動や刺激になるため外出は大事。転倒が不安なら歩行器を勧めたい」と話す。
 レンタル料むは介護保険により1割の自己負担で済むため、手すりが月250円、歩行器は月300円だ。
 国の介護給付費実態調査によると、介護保険でレンタルできる福祉用具は@手摺りA介護ベッドB車椅子C歩行器ーの順で利用が多い。10年前はベッド利用が4割を占めたが、「必要ない人まで介護ベッドを使い、筋力が弱って動けなくなる弊害ももあった」と公益財団法人テクノエイド協会の五島清国さんは話す。2006年からはベッド利用が制限され、代わりに手すり利用が増えたという。
 賃貸住宅など手すりの設置が難しい場所では、天井と床の間に突っ張らせる棒状の手すりも役立つ。板橋区おとしより保健福祉センターの中山初代さんは「出入り口など体の向きを変える場所や捕まる家具がない所に設置するといい」と言う。
 歩くため両手の支えが必要な人には、歩行器が適している。選ぶ際は、体重をかけても倒れないかを確かめる。室内は車輪のないタイプが、屋外は段差に強い大きな車輪付きがいい。「初めは軽くてシンプルなものやデザインに目が向くが、安全に歩くことが目的なので体をしっかり支えるものを選んで欲しい」と中山さんは話す。
 自治体が設置している同センターのような用具の常設展示齟や、事業者の店舗が全国にあるほか、試用を認める業者もある。市町村の地域包括支援センターでそうはした情報も入手できるため、使い勝手を試してみることがお勧めという。
 福祉用具
車いすや介護ベッドなど自立や
移動を助ける用具。要介護認定を受けると、13種目を1割の自己負担で借りられる。入浴用いすやポータブルトイレなど、直接肌に触れるものはレンタルできないが、年10万円までの購入費の9割が支給される。
 種類、機能とも豊富
福祉用具は種類も機能も年々増えており、特性を知って上手に生かしたい。
【手すり】床置き型は、玄関やトイレに置くタイプなどもある。突っ張り棒型は、棒を複数立てて間に横棒を渡せば、廊下など長い距離をつなぐことも可能。住宅改装で設置するときも、20万円までの費用の9割が介護保険で支給される【介護ベッド】呼吸器の疾患などで寝る時も上体を起こす必要がある人や、自力で体を起こせない人に適している。対象は「要介護2」以上の人だが例外もある。介護保険を使わず、購入する場合は本体と付属品で15万〜50万円程度。
【歩行器】車輪付きタイプには、買い物カゴ付きや座れるものなどがあり、購入する際は2万〜7万円程度。体の左右にも取っ手があるものは介護保険でレンタルできる。
商品情報はテクノエイド協会のホームページも参考になる。

                 2013年10月27日 読売新聞

 病気の後遺症などで、家での暮らしが不自由になった時に利用するとよいのが「訪問リハビリ」だ。体の機能の回復を図るだけでなく、住環境にも目配りし、自宅で快適に暮らすための手助けをしてくれる。
東京都台東区に住む鈴木三重子さん(90)は、週1回、「在宅ケアセンター元浅草たいとう診療所」の訪問リハビリを利用している。10年前、脊髄カリエスで約1年間入院し、退院時はほぼ寝たきりだった。訪問診療のほか、介護保険の訪問介護、訪問リハビリなどを受けたところ、状態が改善。6年前には、訪問リハビリを担当する理学療法士(PT)の助言で住宅を改修し、トイレや浴室が使えるようになった。
 現在は、通所と訪問のリハビリを併用する。1回約40分間の訪問リハビリでは、PTの伊藤晃洋さんの指導で膝を伸ばす訓練や、屋外で歩く練習などに取り組む。目標は、家の中での活動と外出を増やすこと。鈴木さんは「杖だけで歩けるようになったら、行きたいところがいっぱいある」と話す。要介護度は、最重度の要介護5から要支援2に改善した。

 訪問リハビリは、通院・通所が難しいなど、医師が必要と判断した場合に利用できる。主な内容は@手足の筋力強化などの機能訓練A起き上りや歩行などの基本動作訓練Bトイレや食事などの日常生活動作訓練ーなど。調理、洗濯などの家事や、屋外での歩行訓練なども行う。
 たいとう診療所リハマネージャーの大木英明さんは「退院後まもない時と、転倒や体調不良のため家で安静にしていたことで足腰が弱った時の利用が多い」という。病状が進んだ終末期でも、関節が固まらないようにしたり、呼吸を楽にしたりするリハビリがある。
 自己負担の目安は、1回(約40分)600円強。利用を希望する場合、退院前なら病院のソーシャルワーカー、在宅ならケアマネェージャーに相談するとよい。

 PTなどが少ない地域では、訪問介護ステーションの看護師が担当する場合もある。
 茨城県結城市の尾崎とくさん(96)は、4月に家で尻餅をついて腰を痛め、ふとんでずっと横になっているうちに立てなくなった。6月に要介護認定を受けて、看護ベットをレンタル。医師が訪問して腰の痛みを取り、訪問介護ステーションの介護士が週一回訪問してリハビリを始めた。立ち上がりや筋力をつける訓練などを数ヶ月行い、家族に支えてもらえばトイレに行けるようになった。
 効果が期待できる訪問リハビリだが、介護保険サービスに占める利用者割合は3%未満と少ない。大木さんは「訪問介護などが優先され、訪問リハビリは後回しになりがち。だが、早い段階から利用すれば本人ができることが増え、訪問介護などの利用を減らすこともできる」と指摘する。


                2013年7月12日 読売新聞

 ハンドル形電動車いすは操作が簡単。歩行が不自由になってきた高齢者には便利だ。ただ、普及するにつれて、事故も相次いで起きている。安全には十分注意したい。
 東京都武蔵野市の石沢良男さん(67)は5年ほど前、足の病気になり歩くのが難しくなった。通院や買い物にはハンドル形電動車いすで出かける。「生活に欠かせません」と話す。
 ハンドル形電動車いすは手動の車いすとは異なり、足腰の弱った高齢者でも1人で遠くまで外出できる。いすに座ってハンドルやレバーを操作。時速6kmまで1出て、前進だけでなく後退もできる。道路交通法上、電動車いすは歩行者と同じ扱いなので免許は不要。基本的には歩道を走行する。
 購入すると1台20万〜40万円かかるが、介護サービスで借りることができる。メーカーなどでつくる電動車いす安全普及協会(浜松市)によると、ハンドル形電動車いすは2011年度1万3670台が出荷された。累計出荷台数は44万7310台に上る。
 広く利用されるにつれ、事故も相次いで起きている。今年4月には、大阪府高槻市内の踏切で、ハンドル形電動車いすの男性(75)が、電車にはねられて死亡した。消費者庁によると、電動車いすの重大製品事故は、07年から今年6月末までに計74件発生した。その内39人が死亡し、28人が重傷を負った。
 川や側溝に転落したり、下り坂で横転したり、操作ミスによる事故も目立つ。同庁では「道路の端には寄りすぎないようにし、急な坂道の通行は避けて欲しい」と呼びかける。
 一方、歩道を走行中に人やベビーカーにぶつかるなど、ハンドル形電動車いすの利用者が加害者になる事故も起きている。福祉用具の情報提供を行うテクノエイド協会(東京)の五島清国さんは、「加齢によってとっさの判断力などが衰えることもある。操作能力が低下していないか、家族などの周囲が注意して見
守ることも大切です」とする。
 自治体やメーカーなどによる安全運転講習会も、各地で行われている。日本電動車いす交通協会代表理事の利光国高さんは、「初めてハンドル形電動車いすを利用する人はもちろん、使い慣れている人も、運転技術や交通マナーを再確認するためにも、こうした講習会を積極的に活用して欲しい」と話している。

介護保険の福祉用具貸与/介護予防福祉用具貸与、で電動車椅子や車椅子付属品(クッション・電動補助装置等)がレンタルできるようですが、要支援1.2、要介護1の方は、一定の例外を除き原則として利用できないようです。 このハンドル形電動車いすは特に足腰が弱い人が移動するのに必要であって、こういったところが制度の矛盾を感じます。

介護保健による住宅改修給付                     2013年2月24日
※介護保険における住宅改修については以下のURLを参照してください。
● 八王子市自立支援住宅改修給付について
 http://www.city.hachioji.tokyo.jp/korei_shogai/2375/jiritsu/002743.html
問い合わせ
八王子市役所健康福祉部介護保険課  電話:042-620-7416 ファックス:042-620-7418

● 住宅改善事業(バリアフリー化等)区市町村別事業概要一覧
   http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kourei/jiritsu_shien/jutaku.html
● 住宅改修 介護保険利用法  http://homepage2.nifty.com/q-a/
● 介護保険における住宅改修  http://www.kk-yamaka.co.jp/kaigo.htm

※障害者自立支援法における住宅改修給付
● 八王子市重度心身障害者(児)住宅設備改善費給付事業要綱詳細
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/dbps_data/_material_/localhost/common/yoko/shogaishafukushika/
24-shogaishafukushika.pdf

問い合わせ 
八王子市役所健康福祉部障害者福祉課 八王子市元本郷町3−24−1 電話042-620−7367


自動車取得税・自動車税の減免制度          2013年2月10日
身体障害者手帳等(療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳を含む)をお持ちの方で一定の要件を満たす場合は、自動車取得税と自動車税が減免となります。ここでは身体障害者手帳をお持ちの方について補足説明を致します。

1:減免の要件
(1)障害要件
ア:障害者と生計を一にする方が運転する場合。
  上肢不自由  1級 2級
  下肢不自由  1級 2級 3級
  
イ:障害者本人が運転する場合。
  上肢不自由  1級 2級
  下肢不自由  1級 2級 3級 4級 5級 6級

(2)使用要件 次のいずれかの用途で使用すること。
ア:障害のある方本人が運転すること。
イ:障害のある方の通院・通学・通勤その他日常生活の必要のために、障害のある方と生計を一にする方が運転すること。
ウ:障害のある方(障害のある方のみで構成される世帯の方に限ります)の通院・通学・通勤その他日常生活の必要のために障害のある方を日常的に介助する方が運転すること。 

(3)所有条件 次のいずれの方が所有する自動車であること。
 (障害のある方1人につき、自家用の自動車(軽自動車を含む)1台に限ります)
ア:障害のある方。
イ:障害のある方と生計を一にする方。
<注意> 毎年4月1日午前0時現在または登録日の所有状況が上記ア又はイの条件を満たす必要があります。
※「所有する」とは、車検証上の所有者欄に氏名が記載され、自動車取得税・自動車税の納税義務者となっていることです。

2:減免額
(1)自動車取得税
250万円×税率(税率5%の場合は125.000円)を上限に減免されます。
取得価格が250万円以下の自動車の場合は全額減免されます。
※ハイブリッド車、電気自動車など、税率が異なる場合もあります。
<注意>
障害をお持ちの方のために構造変更をした場合、それに要した費用については取得価格から控除されます。

(2)自動車税
45.000円(総排気量2リットル超2.5リットル以下の自家用乗用車の税率)まで減免されます。これを超える場合は差額分を納付することになります。
排気量2.5リットル以下の自家用乗用車は、自動車税額が45.000円以下ですので、全額減免されます。
※障害をお持ちの方が専ら利用するための車いす移動車(スロープなどの昇降装置及び固定装置を装着したもの)については、従来どおり自動車取得税および自動車税全額を減免されます。

3:申請及び申請書類等
各都道府県の税務事務所が受付窓口になります。
八王子市にお住まいの方は、東京都八王子合同庁舎内にある八王子都税事務所に申請することになります。

(1)提出書類
ア:減免申請書(自動車取得税及び自動車税分) 1部 
(申請書は都税事務所にあります)
イ:同一生計証明書 1部 
(障害者本人と車の車検証の住所が同一であれば認められます)

(2)申請時に必要なもの
ア:障害者手帳(原本)
イ:自動車検査証(車検証) 又はコピー 
ウ:運転する方の運転免許証 又はコビー(両面)
エ:印鑑(認印でよい)

※その他、自動車の買い替えなどについては都税事務所にお問い合わせください。

東京都八王子合同庁舎内 八王子都税事務所   
八王子市明神町3-19-2  042-644-1111

◇有料道路における通行料金の障害者割引制度
1:割引制度のご案内
「身体障がい者の方が自ら運転する場合」または「重度の身体障がい者の方もしくは重度の知的障がい者の方が同乗し、障がい者ご本人以外の方が運転する場合」に割引の対象となります。
<注意>ここでいう「重度」とは、このサイトの「公共交通機関を利用する」ページの障害者割引制度と同じ第一種障害認定者です。割引率は50%です。

2:申請手続き
各市町村の障害福祉の担当課で申請します。
八王子市にお住まいの方は、「八王子市役所健康福祉部障害者福祉課」で申請することになります。申請には「手帳での割引」と「」ETC利用での割引」の二通りの申請があります。
「手帳での割引」は有料道路の料金所で障害者手帳を提示して料金を支払う方法。
「ETC利用での割引」は本人名義のETCカードで支払う方法。

3:申請書類
「手帳での割引」 
ア:本人の障害者手帳。  
イ:登録を申請される自動車の自動車検査証
ウ:委任状(代理人による申請の場合)

※申請が受け付けられると、障害者手帳の空白ベージに、申請した車のナンバーと有効期限が記載されたゴム印が押され、それを料金所の係員が確認します。
有効期間は両割引とも2年後の誕生日までで、更新申請は有効期限の2ヶ月前から受け付けられます。

「ETC利用での割引」 
ア:障害者本人の身体障害者手帳
イ:登録を申請される自動車の自動車検査証
ウ:委任状(代理人による申請の場合)
エ:ETCカード(障がい者ご本人名義に限ります)
オ:「ETC車載器セットアップ申込書・証明書」 等登録を申請される自動車に取り付けられETC車載器の車載器管理番号が確認できる書類等

◇以前は障害者手帳の提示だけで割引を受けられたのですが、不正利用が多発したため、このような制度変更になりました。善意でドライブ等に誘ってくれる方もいたのに、登録車しか適用されなくなったのは誠に残念です。

申請 問い合わせ先  
八王子市役所健康福祉部障害者福祉課
八王子市元本郷町3−24−1  620−7367(直通)

割引制度の詳細は ⇒ NEXCO 東日


電動車椅子の事故多発                       2012年12月11日 読売新聞

電動車いすの事故が多発していることから、消費者庁は「道路の端に寄りすぎない」「急な坂道は走行しない」など、運転に注意するよう呼びかけている。同庁によると、電動車いすの重大事故は、2007年度から先月末までに計71件発生。38人が死亡、27人が重傷を負った。今年度は12件。昨年度の7件をすでに上回っている。
状況別では71件のうち、道路の側溝や用水路などへの「転落」が31件で最多。下り坂の走行時や段差を越えようとした際などの「転倒」17件、「踏切内での電車との接触」7件。ガードレールや車との衝突などの「その他」が10件だった
このため同庁は、道路では端に寄り過ぎない、未舗装やぬれた落ち葉で滑りやすい道での走行は避けるなど、具体的に注意点を挙げ、事故防止を呼びかけている。踏切では線路の溝に車輪がはさまらないように、線路に対して直角に横断することを求めている。
さらに、踏切や坂道の途中でバッテリー切れを防ぐために、乗車前に残量を確認することや、メーカーや福祉団体が開く安全運転講習会に参加することも大切という。消費者庁の担当者は「身近な場所で事故はたくさん起きている。注意してほしい」としている。

電動車椅子の走行時の注意点は記事にあるような事項のほか、勾配を横切る場合に特に注意が必要です。電動車椅子の前輪は自在になっているので、坂下方向に流れていきます。狭い歩道で、民家への出入り口で切り下げてある箇所の通行は避けたほうが良いでしょう。制御が効かず車道にもっていかれて大事故になることも考えられます。
バッテリーは外出から帰った時点で充電するように心がけましょう。充電忘れで出掛けて、交差点や坂道でバッテリー切れを起こすと大変なことになります。
電動車椅子の駆動はモーターですが、モーターのブラシという部品は意外と消耗するものです。消耗すると電気が流れなくなってモーターが駆動しなくなります。したがって年に一度程度は業者にメンテナンスしてもらい、常に安心して乗れる状態にしておくことも必要です。

電動車椅子初心者の場合、操作に不慣れなこともあって、市街地の混雑した場所では歩行者と衝突する事故も起こりえます。私は最初の一年間はそのための保険をかけていました。電動車椅子を購入した業者に申し込めば手続きしてくれます。掛け捨てで年間一万円ほどです。

私は出かける際には、緊急時の連絡先を短縮ダイヤルに入れた「らくらくホン」を携帯しています。この緊急連絡先に車椅子でも乗れる移送サービス業者の番号が入れてあります。外出先で車椅子が動かなくなった時などには搬送してもらえます。万が一の事態に備えておくのも、安心して出掛けられる要素の一つです。