観 光 情 報           信 州・松 本

               松本市公式観光情報ポータルサイト  



中央本線特急「スーパーあずさ」の初乗車と観光を兼ねて日帰りで松本へ行ってきました。まずまずの天気で久しぶりの松本を楽しむことができました。


           (料金は2013年10月現在、消費税増税により変更があります)

 「スーパーあずさ」10号車の車内

 (車椅子対応座席がある車両)
在来線の線路幅は新幹線に比べると狭くなっていますので、当然ながら電車の車体幅も狭くなっています。私は電動車椅子での利用だったので少し窮屈に感じました。車椅子利用者は座席に移乗することになっています。

車椅子対応座席。通路側の1席が取り払わられています。
手動の車椅子は折りたたんで座席の横にペルトで固定するようになっています。
電動車椅子は座席の向かいにある多目的室に押し込むようにして止めました。
  車椅子対応トイレはデッキを挟んで向かい側に設置されています。幅狭の細長いスペースなので、利用の際は工夫が必要かもしれません。車椅子での利用仕方のステッカーが入口に貼られているので参考にしてください。  

  松本駅のバリアフリー情報


  
ホームの中央寄りに改札階へ上がるエレベーターがあります。 
 
改札を出ます。改札口まで駅員さんが案内してくれます。
   
改札を出て左手奥に行くと車椅子対応トイレがあります。

    松本駅の改札口
  
 改札を出て右手奥に地上へ下りる
 エレベーターがあります。(東口)
 
松本駅東口。階段の左横にエレベーターがあります。


  松本市街のバリアフリー情報


 

      左は上記地図Cの松本城内にある車椅子対応トイレです。
通路には竹垣が設置されて、とても風情があります。
 


  松本城と縄手通り観光


松本城 ※券売所で障害者手帳を提示すれば介護者1名まで無料で入場できます。
駅より繁華街を抜けて松本城に向かいます。
約25分で松本城に到着です。


 久し振りに見る松本城のたたずまいに感慨深い気分に。

以前は木製だった埋橋のスロープをコンクリート製に変える工事が行われていていました。
 
券売所を経て、この黒門から場内に入ります。

 
場内は砂利敷きですが、薄い砂利敷きなので手動の車椅子でも通行できます。

縄手通り
松本市大手にある歩行者天国の商店街。昔の町並みが再現されており、レトロな雰囲気を味わえます。
ちなみに、「縄手」という名前は、松本城建築の際に測量用の縄を張ったのが由来といわれているそうです。
     
     ←縄手通りにある公衆トイレに車椅子対応トイレが併設されています。

                      Page Top