東京都障害者休養ホーム事業 

◇障害者休養ホーム事業とは
東京都福祉局が、障害をもつ方の保養等を目的として、宿泊施設のご協力により運営され、その施設を利用した人の宿泊利用料の一部を助成する制度です。これらの施設には、障害者の皆様の利用に配慮した一定の設備がありますが、障害者優先の施設ではありません。
※ご利用にあたってはご自身の障害に対応しているか、必ず施設にお問い合わせください。

◇利用できる方
●東京都内在住で、身体障害者手帳、愛の手帳(療育手帳)、または精神障害者保健福祉手帳の交付を受
 けている方。等級は問いません。
●介助を必要とする方は「付添いの方」もご利用できます。ただし上記利用者1人につき1人。
「付添いの方」とは・・・・施設を利用するにあたって、障害をもつ方が日常生活動作等(食事、入浴、
 排泄、更衣、移動等)の介助を必要とする場合に、必要な介助を行なえる中学生以上の方。都内在住の
 方に限りません。
◇利用助成額及び支払方法
一泊につき次の額を限度とします。
障害者:大人/6,490円まで 子供/5,770円まで
付添者:大人/3.250円まで
[例] 障害者大人が一泊8.000円の施設を利用した場合
  8.000円-6.490円=1.510円 ←自己負担額
※自己負担額がある場合は、直接施設に支払ってください。
入湯税や特別料理等の料金は自己負担となります。
◇利用助成回数
障害者本人と付添者を問わずお一人、年間2泊まで。
(4月1日~翌年3月31日まで)
◇パンフレット・利用申込書 
利用申込書と保養施設一覧は各自治体の障害者福祉課及び出張所。
及び日本チャリティ協会ホームページ 
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shougai/nichijo/kyuyo_home.html  
(八王子市では浅川・由木・元八王子・北野・八王子駅南口総合事務所にあります)

◇問い合わせ先、申請窓口
利用したい施設を予約後、(公)日本チャリティ協会へ申請してください。
(公)日本チャリティ協会
  〒160-0004 新宿区四谷1-19アーバン四谷ビル4階
  電話:03(3353)5942  FAX:03(3359)7964(聴覚障害者専用)
  受付時間 月曜日~金曜日-9:00~17:00 / 土曜日ー9:00~15:00 /
  [昼休み-12:30~13:30]
  受付休業日:日曜・祝祭日及び年末年始(12月29日~翌年1月3日)

◇申請の流れ
①利用したい協力宿泊施設の予約 (利用者 ⇒ 宿泊施設)
②助成金の利用可否確認 (宿泊施設 ⇒ 日本チャリティ協会)
③助成金の利用可否の連絡 (宿泊施設 ⇒ 利用者)
④【助成可の場合のみ】利用申込書受付先 (日本チャリティ協会)への連絡
  (利用者 ⇒ 日本チャリティ協会)
⑤【助成可の場合のみ】利用申込書の提出 (利用者 ⇒ 日本チャリティ協会)
⑥利用券の郵送 (日本チャリティ協会 ⇒ 利用者)
⑦利用券他を利用当日に持参提出 (利用者 ⇒ (宿泊施設)

ご利用にあたってはご自身の障害の程度に対応しているか、施設に直接お問い合わせください。 
尚、かんぽ宿の身障者用ツインのほとんどは、少し狭くなりますがエキストラベッドを入れて3名で宿泊可能です。ご利用の際に問い合わせてみてください。


                    TO HOME