観 光 情 報          静 岡 (浜名湖・清水)         
 

      


◇新東名高速の各サービスエリア
大規模でドッグランや庭園も併設されていて、まさにハイウェイ・オアシスといった感じですが、駐車場が第一、第二と分かれていて、車椅子専用駐車場はそれぞれに2台しか止められません。また、車椅子対応トイレは男女それぞれのトイレの中に設置されていて、介助者が異性の場合は利用しにくいと思われます。
駐車スペースやトイレに関しては東名高速に比べると配慮に欠けます。
◇猪鼻湖神社
東名高速の三ヶ日インターから奥浜名湖畔の国道301号を静岡県の「青年の家」や「かんぽの宿」を横に見ながら南下するとまもなく猪鼻湖が見えてきます。瀬戸橋を渡ると斜め後ろになりますが湖上に猪鼻湖神社が見えます。
湖西市に至るこのルートは対岸の舘山寺などと違って、素朴で落ち着いた風景を車窓に見ながらドライブを楽しむことができます。
 
◇弁天島
国道301号から国道1号に出て浜松方向に進むと弁天島です。付近には松の木が植えられていてなかなか風情があります。駐車場もありますから寄ってみてください。
見通しい良い晴天の日には遠州灘の方向に赤い鳥居と浜名バイパスのアーチ橋が眺められます。
◇浜名湖ガーデンパーク         ホームページ 
弁天島から国道323号へ入り、中之島大橋を渡ると浜名湖ガーデンパークがあります。広々とした都市型公園で、三つのエリアに分かれていて四季折々楽しめそうです。
入園は駐車場は無料で、敷地内には展望塔もあって車椅子でもエレベーターで上がれます。ただ、周囲は平べったい地形なので、見通しの効く晴天日でないと見晴らしは良くないと思います。
  舘山寺温泉観光マップ 

      
 ◇かんざんじロープーウェイ       ホームペー ジ
付近に有料駐車場があります。ロープーウェイは車椅子でも乗れますし、障害者割引で介助者1名まで半額です。大草山の展望台にはエレベーターがあるので屋上からの眺めも楽しめます。ただ、防護壁が高めなので、車椅子によっては眺望が限られるかもしれません。
◇時わすれ 開華亭    ホームページ (バリアフリー客室)
今回宿泊したホテルです。バリアフリー客室は14畳の和室とツインベッドの和洋折衷になっています。上がり框にスロープが設置してありますが、勾配が急なので注意が必要です。トイレも車椅子で入れますが、あまり余裕はありません。部屋のお風呂は軽度の障害でしたら利用可能でしょう。私は入浴しませんでした。
部屋からは浜名湖やパルパルの観覧車が望めます。夕暮れ時の観覧車のライトアップは綺麗です。1泊2食で一人28.000円で、食事は個室形式の食事処でゆっくりいただけます。

◇湖畔の散歩
朝食前に湖畔を散歩しました。広めの遊歩道が整備され、所々に休憩ベンチやオブジェが設置されていて、湖畔を渡る心地よい風の中で、旅行に来ているという非日常的な清々しい気分になれました。
こういったところが旅行の醍醐味ではないでしょうか。
◇いちご狩り海岸通り 
       (久能街道)
東名高速静岡ICを降りて清水方面に国道150号を進むと、中央分離帯には季節の草花が植えられていて綺麗な景観を見せてくれます。右手は海です。
また、久能山近くの沿道にはイチゴ栽培のビニールハウスが段々に並んでいて、12月から5月頃ならイチゴ狩りも楽しめます。
◇三保の松原 (羽衣の松)
国道150号は駒越東町の交差点で二股に分かれるように左に大きく曲がりますが、この交差点を右に曲がります。直進してしばらく行くと小さな案内板(注意しないと見逃します)があるので、そこを右折すると三保の松原です。駐車場は無料で、駐車場の脇に車椅子対応のトイレもあります。
三保の松原へは階段の横にスロープがあって車椅子でも登っていけますが、松林の中は砂地なので、景観は石張りの園路から眺めるだけになります。
 ◇清水エスパルスプラザ     ホームページ

清水港に隣接する複合施設で、ショッピングモールやエンターテインメント施設がありますが、一階には「清水すし横丁」があって新鮮な海鮮料理が食べられます。
車椅子対応トイレも屋内とヨットハーバーに面した前庭の左奥にもあります。駐車場には車椅子専用もありますが、駐車料金は買い物の金額によって決まります。静岡に来た時はいつもここで食事したり、海産物の買い物をしたりします。港の散策もできます。



     


                     Page Top